インフォメーション INFORMATION

  • 2020/03/16

    《 joemi 後藤あかり 》ヘアドネーション 知っていますか?

    CATEGORY BLOG
    SALON

    新宿 joemi by Unami スタイリストの後藤あかりです。

    今回は《 ヘアドネーション 》~髪の寄付~

    について やり方・長さ よくある質問を添えてお話しさせていただきます*

    ヘアドネーションとは・・・

    がんをはじめとする病気や、事故による怪我など、頭髪に悩みを抱える子どもたちのために

    寄付された髪でメディカル・ウィッグを作って届ける団体に向けて、髪を寄付することを言います。

    髪を寄付する際に気をつけるポイントを↓お伝えさせていただきます。

     

     

    1《 寄付する髪に適しているのは?? 》

    ・31cm以上の長さがあること

    ※30cm以内だと、人頭に向けたフルウィッグの作成には不向きではありますが、団体によってはポイントウィッグの製作・カラー剤やパーマ剤の開発などに使う評価毛・カットウィッグなどに使用されるとのことです。

    ・カラーやパーマ・ブリーチをしていたりお白髪でも大丈夫です◎

    ※繰り返すブリーチや縮毛矯正・極度に痛んでいたりすると難しい場合もあるようです。

    ・乾いている状態であること!

    ※湿気があると、届いてから製作するまでの段階で雑菌が繁殖しカビてしまう恐れがあります。

    老若男女、国籍なども問わずにどなたでも長ささえ満たしていればご協力いただけます◎

    2《 やり方・サロンでできること 》

    ・髪をカットする際に、髪を濡らす前に切ること。

    ※ドライヤーをした後でも湿気が残ってしまっているので必ずシャンプー前に行います。

    ・太すぎない束をゴムなどでしっかりと結って 結び目の上1cmのところを切る。

    ※束が太かったり、結びがゆるいと 切り口が曲がって長さが変わったり、配達中に毛束がバラバラになってしまう恐れがあります。

    3《 ご自宅に帰られてからすること 》

    ・当店はどこかの団体さんと賛同しているサロンではございませんが、

    ヘアドネーションカットをご希望のお客様も、多くご案内させていただいております!

    そのため、カットさせていただいた毛束はそのままお客様ご自身でご郵送いただいております。

    ホームページなどをご覧になられますと、それぞれドナーシートの記入ですとか

    郵便局での流れなど発送方法の詳細が記載されていると思われます。

    様々な団体さんがいらっしゃいますので、ぜひ色々ご覧いただければと思います。

     

    1人のフルウィッグを製作するのに、大凡30〜50人分の30cm以上の毛束が必要になってきます。

    ぜひタイミングがありましたら

    皆様のご理解とご協力を、お待ちしております。

     

     

    ご予約はこちらから◎

     

    joemi by unami 後藤 朱莉