インフォメーション INFORMATION

  • 2022/03/20

    「令和最新情報!!」髪質改善トリートメントと縮毛矯正の違い。デメリットは?徹底検証!

    CATEGORY BLOG
    SALON

    こんにちわ。東京 吉祥寺の美容室「Unami kichijoji」で

    スタイリストをしています。堀越 太真樹(ほりこし たまき)です!

    顧客の8割が縮毛矯正をかけている縮毛矯正の

    スペシャリストです。

     

     

    まずは美容業界で話題となり、大流行している

    「髪質改善トリートメント」について解説していきますね。

    大流行しているからこそ、ここ最近できたものなのでお客さんを呼びたいがために

    浅く、まちがった髪質改善トリートメントの知識を

    つけている美容師さんが残念ながらいます。

    そこで少しでも失敗される方を減らすためにも、髪質改善トリートメントって

    正しいやり方で施術すればとんでもない美髪になれるんです!!!

    それらの髪質改善トリートメントに関する疑問などを

    今回徹底検証していきます!!

     

    1 髪質改善トリートメントってなに?

     

    髪質改善トリートメントが世間に認知されるようになってから

    まだ数年。パーマや縮毛矯正が日本に登場したのもおよそ

    100年くらい昔の話。それを考えたら髪質改善トリートメントの歴史なんて

    浅すぎますよね。100年たった今でも縮毛矯正などで失敗するほどだから

    髪質改善トリートメントなんて余計に失敗しますよね。笑

    髪質改善トリートメントは簡単に言えば

    普通のトリートメントよりダメージのケアもして表面に厚い膜を

    張って艶々にしてくれるトリートメントです。

    髪質改善トリートメントの正式名称は

    「酸熱トリートメント」です。

    読んで字のごとく、酸性の成分のトリートメント。

    よく美容室でやるトリートメントは中性のものが多いです。

    髪質改善トリートメントはグリオキシル酸などの酸性のトリートメントを

    毛髪内で反応させて新しい架橋結合をつくります。

    この架橋結合により髪の毛の内部が強化されハリコシが出て、

    切れ毛、くせ毛、いろいろな悩みを解決して、さらには髪の毛の表面が

    コーティングされ今まで感じたことの無い艶を

    出してくれるのがこの髪質改善トリートメントになります。

     

    髪質改善トリートメントは「酸」と「熱」で作り出す

    トリートメントです。

    髪の毛は弱酸性、水道水は中性、カラー剤はアルカリ性、

    ヘアマニキュアは酸性。

    一般的にアルカリに髪の毛が寄ってしまうと

    ダメージしてしまいます。

    ※画像はお借りしました。

    健康な髪の毛は弱酸性の4.5から5.5です。

    髪の毛はアルカリ性に寄るとキューティクルという

    表面の蓋が少しずつはがれていき、開くことにより

    髪の毛の栄養が少しずつなくなっていきます。

     

    ちなみに上の画像のように

    水道水ですら7くらいなので(地域によっては多少差があるらしい)

    必然的にお風呂に入り、シャンプーするだけで

    ヘアカラーの色は落ちてしまいます。

    もちろん自分の髪質にあったシャンプーを選んで

    使っていればヘアカラーの色落ちは全然防げます。

     

    でも勘違いしないでほしいのはアルカリが悪くて、

    酸性、中性が良い

     

    とゆうわけではありません。

    1番大事なのは「お客さまにとって正しい選択の技術なのか、

    楽しんだり、可愛くできてるか?」

    かなと。美容師の個人的意見です。笑

     

    そんなこんなで最近は「酸性」を使った施術が

    注目を浴びています。

    酸性縮毛矯正や酸熱トリートメント(髪質改善トリートメント)などです。

    お店では主に

    ・グリオキシル酸

    ・レブリン酸

    を使用しています。

    これらのトリートメントを使って施術していくのが

    髪質改善トリートメントと言います。

    下の画像が髪質改善トリートメントのビフォーアフター

     

    もう文句なしで綺麗ですよね。

    表面の綺麗さも中身のダメージ改善も最高級です。

    これぞ髪質改善トリートメント。

    2.髪質改善トリートメントのメリット

     

    ・ある程度ダメージのある髪の毛でも艶々、さらさらにできる。

    ・今までトリートメントの効果を感じられなかった人でも効果を感じれる。

    ・髪の毛にハリコシが出る。

    ・弱めの癖なら縮毛矯正がいらなくなるかも

    ・髪質改善トリートメントをすればするほど綺麗になる。

    ・髪質改善トリートメントなら必ず1か月は持続する。

    ・ヘアカラーも一緒にできる(色持ちよくなる)。

    ・コテを巻いたほうがツヤが出る。

    ・縮毛矯正をして毛先のパサつきが気になったら髪質改善トリートメントを

    すると癖は縮毛矯正で無くなっているので最上級の仕上がりに!!!

    ・ダメージによる広がりがかなり収まる。

     

     

    3.髪質改善トリートメントのデメリット

     

    ・カラーの後に髪質改善トリートメントすると

    色が落ちる。

    ・パーマとの相性は悪い。

    ・髪質改善トリートメントをしっかり理解してない美容師さんが

    施術すると痛む。

    ・価格設定が高め10000円から15000円

    ・癖は伸びない

     

     

     

    4.最近よく聞く髪質改善縮毛矯正、髪質改善カラーってなに?

    最近本当に日本中で髪質改善トリートメントが流行して

    美容師さんが「流行ってるから適当に髪質改善って全部のメニューに

    つけちゃえ!!」です。

    なので皆さん髪質改善〇〇とつくものは、ほぼほぼ

    髪質改善トリートメントではありません!!

    もちろんカラー剤のなかに髪質改善トリートメントを入れて艶々に

    なったりもしますが、入っていても5から10%くらいです。

    僕の髪質改善トリートメントとは比べものになりません。

    もちろん他の美容師さんの否定をするつもりは

    ございませんが、髪質改善トリートメントの名前を使って

    何も知らないお客様が「髪質改善トリートメントって

    こんなものか」と思うお客様も少なからずいると思うんです。

    髪質改善トリートメントをしっかり理解し、お客様の髪質に合わせて

    トリートメントを調合した正しい髪質改善トリートメントなら

    素晴らしいし、とてつもなく良いものなんです。

    だからもっとたくさんのお客さまに喜んでほしいからこの

    ブログをかいています。

    間違った髪質改善トリートメントの発信はお客様を

    悲しませる可能性もあります。

    なので本物の髪質改善トリートメントを体験してみませんか?

     

     

     

    5.市販の髪質改善トリートメントってどうなの??

     

    よくお客さまにも聞かれることがあるのですが、

    正直にいいます。市販の髪質改善トリートメントは効果ありません。

    もちろん普段のトリートメントより効果はあるので

    サラサラ、艶々にはなるかもしれませんが美容室でする髪質改善トリートメントの

    効果には程遠いです。

    僕の髪質改善トリートメントはかなり濃度を濃くしてお客さまの髪に

    あわせて調合していますが、ブリーチ毛やダメージしてる髪の毛にそれを

    気軽に買ってつけたら日本中の女性の髪の毛がとんでもないことに

    なってしまいます。。。。

    なので僕個人のオススメは資生堂のサブリミックの

    シャンプー、トリートメントがオススメです。

    https://salon.shiseido.co.jp/products/products005/

    ↑↑↑資生堂のHPなのでよければ見てください。

    お家では通常のトリートメントを使って

    美容室では髪質改善トリートメントをするのがおすすめです。

     

    これも同じで特に髪質改善トリートメントの

    定義が無いのでなんでも、どんなシャンプーでも

    「髪質改善トリートメント」とゆう名前をつけられるんです。

    先に髪質改善トリートメントを美容室でして

    次回までのつなぎとして使うのは問題ありません。

    なのでできれば担当の美容師さんに自分にあうシャンプーを

    選んでもらうのがオススメです。

    6.髪質改善トリートメントと美容室でする通常のトリートメントの違い。

     

    まず、通常のトリートメントは5から7ステップくらいからなる

    もので髪の毛はダメージしていくとキューティクルが開き、内部の間充物質

    が無くなるとツヤや潤いも無くなり、ヘアカラーの色も落ちやすかったりします。

    その間充物質や脂質を補って内部にとどめて、優しい薄い膜をはるのが通常のトリートメントです。

     

    次に髪質改善トリートメントは始めは通常のトリートメントより効果の高いものを

    内部にとどめて、酸性のトリートメントでかなりしっかり髪の外側を

    コーティングします。

     

    なので通常のトリートメントは効果が3週間から4週間。

    髪質改善トリートメントは6週間から7週間。

    通常のトリートメントは時間がたつと消えて無くなりますが

    髪質改善トリートメントはいい意味で残ります。

    なので2~3ヵ月に1度髪質改善トリートメントするのを

    おすすめしてます。

    やればやるほど効果はあがりますし、今までトリートメントで

    満足されたことが無くても必ず満足できます。

     

    どちらがいいとかありませんが

    必ず自分にあった髪質改善トリートメントがありますので

    ご相談ください!!

    7.髪質改善トリートメントで髪の毛の癖はのばせるの??

     

    髪質改善トリートメントは仕上げに熱を

    当てるので仕上がりの状態では癖が伸びたように感じますが、

    結果髪質改善トリートメントでは癖は伸びません!!!

    髪の毛1本1本が滑らかになりくせがまとまったように感じることは

    ありますが基本的にはくせ毛がのびるとゆうことはありません。

    くせをのばしたい場合は縮毛矯正が必須です。

    8.髪質改善トリートメントの失敗

    ・髪の毛が重くなる、パサつく。

    ・チリチリになる。硬くなる。

    ・髪質改善トリートメントの効果を感じられない

    これらは完全美容師側の技術、知識不足による失敗です。

    効果は絶大ですが、その分諸刃の剣で扱うのはきちんとした技術、知識が

    必要です。

    始めのほうに使用した表ですが僕の使う髪質改善トリートメントは

    PHが2や1付近、カラーやパーマは10くらいのアルカリ性。

    先にブリーチしてそこから髪質改善トリートメントを同じ日に

    すると、

    このPHの移動が多ければ多いほど信じられないくらい

    痛みます。もう修復不可能なほどの。

    もうこのくらいのいわゆるビビリ毛になります。

     

     

    1度この状態になるともう戻せません。

    切るしかありません。ですがこの状態の方を何人も見てきましたが

    ほぼ美容師さんの技術不足。

    お客様を悲しませる美容師さんが多すぎますね、、、、

    髪の毛は傷んだら直していくのすごく大変です。

    僕のお客さまでも毎回通常のトリートメントして傷まないように

    少しずつ毛先を切って伸ばしていくしかないんです。

    もう可哀想すぎます。。。

    もう1度言いますね。

    「傷んだ髪の毛は戻らない」

    です。

    髪質改善トリートメントに限らず美容師さん選びが大事。

    ヘアカラーなどは近年薬の研究、開発が進み大体の美容師さんが

    ある程度良い感じにできるようになりましたが、

    髪質改善トリートメントはまだ歴史が浅いこともあり

    使いこなせない美容師さんが多いのは

    事実です。

     

    9.髪質改善トリートメントと縮毛矯正の違い

     

    そもそも髪質改善トリートメントと縮毛矯正ってどう違うの??

     

    明確な違いは癖をのばすか、伸ばさないか?です。

     

    あとは、縮毛矯正はかけたところは半永久的に持続するけど

    パーマ、ブリーチは基本的にできない。

    (僕のお客さまの場合は要相談)

    髪質改善トリートメントは何度でもかけれて1ヵ月から1ヵ月半くらいは

    持続します。そしてパーマもブリーチもできる。

     

    僕はどんな髪の毛でも縮毛矯正できます。

    ですが、なんでもかんでも縮毛矯正しません。

     

    ん???

    どうゆうこと???

     

    そう縮毛矯正は癖をのばすもの。

    でも人によってわ癖の感じ方も違いますよね??

    根元のボリュームは癖が原因が多いですが

    毛先のボリュームは癖が原因の広がりダメージによる広がり

    が原因の 2種類があります。

    そのダメージによる広がりが原因なのに

    また同じように縮毛矯正をかけても

    ダメージするだけ。1週間くらいは薬の効果で

    綺麗に見えるかもしれませんがその後は最悪。

    なのでしっかりと美容師さんと話し合うのが大切。

     

     

     

    ↑ ↑ ↑ ↑ 

    これは髪質改善トリートメント。

     

     

     

    ↑ ↑ ↑ ↑

    これは髪質改善トリートメント。

     

     

     

    ↑ ↑ ↑ ↑

    これは縮毛矯正。

     

    ほぼほぼ違いがわからないですよね。

    実際に僕も見て、触って、カウンセリングしないと

    100%こっちとは言い切れませんが

    「私の髪の毛はどうしたら綺麗になる?」

    とゆう方多いと思います。

    ご相談だけでも可能ですので

    下のリンクから気軽にご連絡ください。

     

    ↑↑LINEで無料相談受付中↑↑

     

    10.そもそも縮毛矯正ってどうゆう人がかけたほうがいい??

     

    僕は縮毛矯正、髪質改善トリートメントが得意ですが

    縮毛矯正でご予約のお客様でもカットだけで

    終わることもあります。どうゆう事かとゆうと

    縮毛矯正が必要ない場合は縮毛矯正を無理にかけない。

    皆さん好きで縮毛矯正やりに美容室きてるわけじゃないですよね。

    時間もお金もかかるし、お客さんは疲れますよね。

    (僕は縮毛矯正大好きなので疲れません)

    お客さん自身がお家でも可愛く、素敵に、簡単に、

    出来るかが重要。

    僕の縮毛矯正はそれのお手伝いするだけ。

     

    そして縮毛矯正かけたほうがいい人は

    ・癖が原因でまとまらない人、理想の髪型にならない人。

    ・ボリュームがあって広がる人。

    ・あんまり癖はないけど毎日アイロンしてる人。

    ・毎朝のスタイリング時間短縮したい人

    ・艶髪、美髪になりたい

    ・髪の毛、雰囲気を柔らかく見せたい。

    ・髪質改善トリートメント、縮毛矯正を失敗された。

     

    もっと沢山ありますがまずはこんなところかなと、、。

     

     

    11.そもそも縮毛矯正ってなに?

     

    まず縮毛矯正ってどんなものかわからない人いると思うので

    簡単に説明しますね。

    縮毛矯正とは「髪の毛の中のたんぱく質達の結びつけを薬剤の力で

    変える」ものです。

    *画像はお借りしました。

     

    縮毛矯正の効果は半永久的に持続します。

     

    基本的には縮毛矯正した髪にはブリーチやパーマは

    一応できますがオススメはしていません。

    やっても結局ダメージでバサバサになって、可愛くないです。

     

     

    12.縮毛矯正の一般的なイメージ

     

    ・真っ直ぐになりすぎる

    ・めちゃくちゃ傷む

    ・可愛くない

    ・ペタンコになる

    ・カラーが綺麗に入らない

    ・好きな髪型にできない

     

    ですよね。

    その古い縮毛矯正の原因て髪質に合ってない強すぎる薬剤と

    あまりにも強く引っ張るアイロンが原因。

     

    かなりマイナスなイメージですよね。

     

    そこで!!!

    そんなネガティブでマイナスなイメージの縮毛矯正を

    全てくつしがえしたのが

    「美髪矯正ストレート」です。

     

     

    13.今までの縮毛矯正のイメージを覆す美髪矯正ストレート

     

    先ほど説明した縮毛矯正のデメリット

     

    ・真っ直ぐになりすぎる→・癖は完璧に無くなるけど、超自然な髪に

    ・めちゃくちゃ傷む→・従来の縮毛矯正の半分のダメージ

    ・可愛くない→・柔らかくて、ふんわり可愛い

    ・ペタンコになる→・ふんわり艶々さらさら

    ・カラーが綺麗に入らない→好きなヘアカラーができる。

    ・好きな髪型にできない→好きな髪型にできる。

     

    デメリットがメリットだらけに。

    「でもそれ本当なの?」

    って思いますよね?

     

    まず、くせ毛には何種類かあってその種類によって薬の種類も変えていきます。

    濡れるとでる癖、乾くとでる癖、ダメージなどを見極めるために

    乾いてる時と濡れてる時を見るので1度シャンプーして

    しっかり髪の毛を診断します。

     

    あとは髪の毛の細さ、強さ、

    カラーなどの履歴などによっても薬を変えています。

    ほとんどの美容師さんが1種類しか使いませんが、僕は約15種類から

    4から5種類くらい混ぜてその人だけの薬剤を使います。

    薬剤も20分くらいしっかりおいてしっかり効かせます。

     

    一番手ごわいのは捻転毛(ねんてんもう)とゆう

    ねじれて生えてる癖です。

    こんなかんじ↓ ↓ ↓

    髪の毛自体がコイル状にねじれてますよね。

    この捻転毛に効く薬を使わないと縮毛矯正しても

    うねりが残る原因です。

     

    1つ目の薬を流してブラシで癖をのばしていき、

    ストレートアイロンで熱を加えるだけ。

     

    無理矢理引っ張ったりしません。

    それが原因でピンピンなまっすぐすぎる縮毛矯正に

    なってしまいます。

    このように元々丸い髪の毛が強い縮毛矯正によって

    潰れてしまいます。

    そうするとやはり可愛くはなりません。

     

    と、縮毛矯正の説明はこのくらいにして

    また詳しく後日説明していきますね。

     

    髪質改善トリートメントをもっと研究していこうと

    思ったのは縮毛矯正をかけにご来店されるお客さまでもっと

    髪の毛を綺麗にしてあげたい気持ちから

    研究&実験を繰り返していきました。

     

     

    結果、失敗しない髪質改善トリートメントが

    できるようになりました。

     

    14.実際のお客さまのビフォーアフター

     

    ビフォー

    ブリーチによるダメージで広がったり、うねったり

    している状態。

    こうゆう髪には髪質改善トリートメント。

    癖の悩みでは無く、髪質の悩み

    の場合は髪質改善トリートメントです。

     

    アフター

     

    もちろんブリーチ毛でも縮毛矯正は

    かけれますが今回は癖の無いかたですので

    髪質改善トリートメントに。

     

    今回のビフォーアフターはほんの

    一部ですがありがたいことにほぼ毎日

    髪質改善トリートメントを求めに吉祥寺まで

    ご来店のお客さまがいらっしゃいます。

    縮毛矯正ビフォーアフター

     

    ビフォー&アフター

     

    ブリーチしている髪にスパイラルパーマをかけてスタイルを変えて艶のある髪にしたいとのことでパーマ落とし(縮毛矯正)をしました。そう、縮毛矯正=パーマ落としです。

    15.まとめ(髪質改善トリートメント)

     

    興味本位で髪質改善トリートメントを少し前に

    したけど満足のいく仕上がりにならなかった方、

    ダメージが気になるけど普通のトリートメントではすぐ効果が

    無くなってしまう方、

    髪質改善トリートメントを初めてやりたいけど

    少し不安がある方など、僕は髪質改善トリートメント、縮毛矯正

    失敗しません。

    ぜひお任せください!!

     

     

    16.まとめ(縮毛矯正)

    パーマ落とし、ショートヘア、ブリーチしてても

    縮毛矯正で必ず可愛く綺麗にします!

    「可愛くなるための縮毛矯正」

    癖を伸ばすだけじゃなく、可愛くなって、

    家でも簡単に綺麗にスタイリングできるための

    縮毛矯正です。

    自分の髪を好きになる縮毛矯正。

    あなた史上最高の髪の毛に。

    髪質や癖でお悩みの方はご相談だけでも

    大丈夫ですのでご連絡ください。

     

    最後まで読んでいただきありがとうございました。