インフォメーション INFORMATION

  • 2019/01/29

    ボブスタイルが垢抜ける!失敗知らずの外ハネの作り方

    CATEGORY TREND
    SALON

    ボブ旋風が巻き起こっている今。ボブのアレンジといえば、内巻きも可愛いけれど、こなれ感のある外ハネが大本命。簡単そうに見えて、難しい外ハネを作り方をアンサー! レトロな雰囲気にならず、今っぽい外ハネを作るコツとは?

     

     

     

    用意するもの

     

    用意するもの

    ・コテ

    ・オイル(「mm(ミリ)」を使用)

    ・シアバター(「mm(ミリ)」を使用)

     

     

    STEP1:毛先にオイルをつける

     

    STEP1:毛先にオイルをつける

    巻いた髪が持続しない方や、ダメージが気になる方は、巻く前にもスタリング剤をつけるのがおすすめ。今回は、外ハネなので巻くのは毛先のみ。毛先にオイルをつけて髪の毛を保湿します。全体につけてしまうと重たくなりすぎるので注意して!

     

     

    STEP2:ブロッキングして内側の髪の毛を外巻きにする

     

    STEP2:ブロッキングして内側の髪の毛を外巻きにする

    まずは、後ろ髪から。髪の毛を上と下でブロッキングし、下の部分を外巻きにしてきます。髪の毛の真ん中あたりからコテを入れます。ググッと頭の位置に沿わせるイメージで下に引っ張りながら、コテ動かすのがポイント。

     

     

    STEP3:上の髪の毛は内巻きにする

     

    STEP3:上の髪の毛は内巻きにする

    ブロッキングした上の髪は軽く内巻きに。ここで外巻きにしてしまうと、どこかレトロな雰囲気に…。あえて表面を内巻きすることで、トレンド感のある外巻きに仕上がります。後ろ髪はしっかり巻こうと思わず、軽くニュアンスが付く程度でOK!

     

     

    STEP4:ブロッキングして内側の髪の毛を強めに外ハネ

     

    STEP4:ブロッキングして内側の髪の毛を強めに外ハネ

    そして顔まわり。こちらも髪の毛を上下に分けて、内側の髪の毛を外巻きにしていきます。巻き方はSTEP2と同様。後ろ髪比べてしっかりと強めに外ハネを作るのがポイント!

     

     

    STEP5:上の髪の毛は軽く内巻きに

     

    STEP5:上の髪の毛は軽く内巻きに

    STEP3と同様に上の髪は軽く内巻きに。

     

     

    STEP6:スタイリング剤をつける

     

    STEP6:スタイリング剤をつける スタイリング剤を揉み込む

    全体が巻き終わったらスタイリング剤を揉み込むように毛先につけます。今回使ったのはシアバター。巻き髪をナチュラルに仕上げてくれるのはもちろん、ツヤもプラスしてくれるのが嬉しいポイント。

     

     

    完成!

     

    完成!

    重たく見えてしまいがちなボブスタイルだけれど、外ハネにすることでグッと垢抜けて華やかに上昇! ポイントは、内巻きを入れること。今っぽさのあるナチュラルな外ハネに仕上がります!

     

     

    担当スタイリストは…赤井 希望

     

    赤井 希望

    大人可愛いスタイルを売りに、これまでのサロンワークで培ってきた経験を生かし、自身が手がけたというケアスタイリングブランド「mm(ミリ)」が11月にリリース。「自分に似合うヘアスタイルを必ず見つけてくれる!」と指名が絶えない人気スタイリスト。

     

     

    — PROFILE

     

    赤井 希望 あかい のぞみ

    トップスタイリスト/ joemi by アンアミ